祝いの儀 美付師 濱田久代 OFFICIAL BLOG - 着物 ”粋” Style - (福岡)

BITSUKESHI Hisayo Hamada 【美付け粋コーデ】 美付師 濱田久代 

【最新記事】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
====================
美付師 濱田久代
BITSUKESHI HISAYO HAMADA
RYU-EN -hisayoproject-

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

祝いの儀

オレンジ色に近い紅い着物の古典の訪問着です。(一つ紋入り)
DSC04607.jpg

_________________________________
*解説

裾には多めにキレイな花文様、扇などの柄が地紋の上に後ろまで巻いた
華やかで上品な私の好きな着物の一つです。
いつも小紋を着ている私もちょっと しとやかに少しだけ可憐に見えます(^、^#;)
締めているのは、コチラのお店(今日オープンのお店)から頂戴した粋な博多献上袋帯。

締める時にキュキュッと絹擦れの音がして
ゆるみの少ない締めやすい、それでいて幅広くいろんな着物に
似合います。Nice !です!
締め方は、いつもの私らしさを壊さないように粋に結んでみました。
後ろ姿は、今回も残念ながら撮っていませんが、『角だし』です。
帯び締めは、見えるかな?(お気に入りの黒にラメの入った帯び〆)
帯の縞模様に合わせて帯柄と全体の雰囲気を壊さないように秘かに締めています。

足元は、儀につき白足袋を履いています。

ー着物を着て…御祝いの酒を呑み帰りついた後の撮影よりー
****************************************

この日は、バタバタと昼の着物からこの着替えて
知り合いの着物やさんの
オープニングパーティーへ出かけました。

出かけようとすると突然、雷が鳴り大雨が降り出しビックリ!
あらーっ; 
でも仕方がない…今日は、お祝いだ☆

雨コートを着てタクシーに飛び乗りました。

祝いの席には、着物姿の方がチラリホラリ、、、
意外に少ないのに正直、ビックリです、、。
お店の方以外に数人だけ、、。

こんなものなのでしょうか;

”流石ですねー”
”おキレイですねー”

色々と云われながら…嬉しいというよりは、
この日本人の現実を知らされた気がしました。

「自分で着物が着れない」んです。

そして、
着物のT.P.Oさえも、、、
少なくともお呼ばれの祝いの席、、、

何とかしなければ、、、、、、、、、、、。
おい!みんなー! ====================
美付師 濱田久代
BITSUKESHI HISAYO HAMADA
RYU-EN -hisayoproject-

( >Д<;)
キモノのTPO!これこそ、今現代のキモノの基本。キモノの基!
でも、実際、私もアンティーク着物で、
なかなか、TPO守ってるか不安です。いつもいつも....。
沢山、本を読みあさり、でも、ギもンとフアン...。
ドコ迄が許されて、粋なのか....。何が粋なのか...。
先生を見ていると、正されます....。
今日は、神宮に参ってまいりました。(と、イッテも観光)
やっぱり、神の前....白足袋を装着!
でも、草履?下駄?悩んだ挙げ句....。下駄...。
でも、やっぱり草履だよなぁ~と思いつつ、いざ、行ってみると、
歩かなければ....子供連れて.....使い込んだ下駄は私の白足袋を
守ってくれました....。
なんだ、かんだいっても、履き慣れたものでないと観光なんて
無理!(≡д≡) ホントは草履が良かったけど....。
アンティークのお店のママさんは、なんでも、良いのよ~~~
って。でも、ちゃんとした、席ではマナーは守って、
後は、遊び着....好きにすればいいのよと。

遊び着って、どこまでが?
先生はどう、思いますか?アンティーク....。
見てる限りでは、TPO守りつつ、アンティークを上手に
着こなしていますが....。

先生を見ていると、上手に着こなして、うらやましいです。
先生の手本を見て、博多献上を、先日から探し回っているのですが...

た、高い!( TДT) 欲しいですけどっ!
[ 2007/09/23 00:40 ] [ 編集 ]
アンティークといえば既に”遊び心”をもってしか
着こなせないような気がしますが
物によっては、本当に状態がよくキレイな物もあり
心をときめかせてくれます。

やはり…
その着物を「どんな気持ちで着るか」が、
基本的には大事ではないでしょうかね。

それが、全体のバランス
(心、ヘア&メイク、足もと、所作)
による効果も大きいと思います。

あくまでも『キモノ』です。
どんな着方をしても
女を演出する最高のアイテムには変わりありません。

「着物を着たい」と云う方には
そんな気持ちがあってからの事でしょう。

場を沢山踏んでみて下さいね!
私もまだまだこれからどっぷりと
私を演出していこうと思っています-☆
[ 2007/09/23 07:12 ] [ 編集 ]
(*´∇`*)先生によっては、アンティークそのものではないけれど、
合わせ方など、細かい事迄、否定される場合が有り、
本当に難しい.....

でも、先生のおっしゃる通り!
袖を通して、イキイキしないと、着物を着るという、ことが
苦痛になりますよね。(。・_・。)
色々な、場を踏んで、仕種や表情など、勉強して行きたいと思います。

日本女性であることが、本当に嬉しいです。

後、本当に!本当に!なんで、小学生の時、
家庭科を一生懸命やらなかったことを
いま、後悔しております。( >Д<;)
波縫いが -、-`-/、---、←こんな感じです(泣)
着物を着ていると、色んな事にぶつかります(笑)←私だけ?

着物を通して日本の女性の強さと素晴らしさを
改めて、知らされました。

↑そんなにツウじゃないのに偉そうに....(;´瓜`)(苦笑)
























































[ 2007/09/23 12:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
SNS
美付師youtubeチャンネル
ツイッター
【平成浮世の着物絵巻】
□2009.3 出版(梓書院) 絶賛発売中 (amazon)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。